忍者ブログ

アーカイブ

QRコード

ブログ内検索

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.03.27 |

夏コミ新刊「GRR-ガルル-」詳細

 イノウエです。
 今年の夏コミの本がーできたでよー。


野生児&狼少女マガジン
「GRR-ガルル-」


GRR-ガルル-
A5サイズ/74P
頒布価格:800円

【執筆者一覧】 あいうえお順・敬称略

 氏家浩靖
 うとまる
 青梅松竹
 サカモチ
 シボンちゃん
 スズキトモユ
 SuperLog
 
 速水螺旋人
 東出祐一郎
 平山亜佐子
 V林田
 ぽも☆ろっそ
 間宮真宰之
 yama-gat
 ヤマナカ
 
 井上雑兵 & tigerbutter

 総勢18名

 今回、新たなゲスト様として東出祐一郎さんにご寄稿いただきました。ノベルゲーム「あやかしびと」やガガガ文庫「ケモノガリ」などで有名な、全国のボンクラ男子たちのヒーロー的存在であるところのシナリオライターさんでございます。
 この得体のしれない本に「ヒャハーッ」という奇声混じりで快くご寄稿いただけるあたり、あふれんばかりの蛮勇を感じます。平たく言えば、とんだ好き者ですぜ……この御方はよう。


【主な内容】

「ワイルドでなければ生きていけない。
 ビーストでなければ生きている資格がない」


 昔から様々な場面でそう語り継がれるように、野性的であることは大事なことです。
 いつからか俺たちの中から消え失せてしまったもの。
 大事なものはいつだって俺たちの手のひらをすり抜けていくのです。それも、知らないうちに。

 そしてアムロは「逆襲のシャア」の中で、こう言いました。
 あまつさえ倒置法で言いました。

「エゴだよそれは!」

  しかしエゴだのエコだのエロだのと小賢しいことを語る前に、まず俺たちは自分が一匹の動物に過ぎないことを自覚すべきなのではないでしょうか。
 宇宙船地球号の乗組員どころか、船底の隅っこに巣食うドブネズミのような存在であることを強く認識すべきなのです。そうなのです。

 だから――野生児です。
 それならば――狼少女なのです。

 知識の衣を捨て去り、野性という名の毛皮をまとう時がやってきました。
 もはや小利口な理性や知性など不要。
 本能の赴くままワイルドに生き、ウェットに死ねばいい。

 そんなライフスタイルをフィーチャーするようなしないような、いつものようにけっして訪れるはずのない野生児&狼少女ブームの到来を先取りしてしまった――早すぎた預言書……あるいは黙示録。

 それが本書「GRR-ガルル-」なのです。

 具体的な内容はさっぱり伝わらないと思いますが、それでいいのです。
 紹介を書いてる俺ですらなんかよくわかりませんが、もう、とにかくそれでいい。
 ただ感じられれば、それでいい。

 ※注意
  本の内容は、例によって、おおむねふざけたものです


 2011年夏コミ3日目(8/14・日曜日)、東コ-14b「randam_butter」にて。

拍手

PR

2011.07.14 | Comments(0) | Trackback(0) | 宣伝

コメント

コメントの投稿


| HOME |

忍者ブログ [PR]