忍者ブログ

アーカイブ

QRコード

ブログ内検索

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.05.27 |

「塩の時代」を生き抜くためにぼくらは

無駄に題だけサブカル風味を漂わせてみました。
イノウエ大先生が「中高生のしょっぱい思い出を『塩の時代』と呼ぼう」と仰っていたので。

まあ皆様にも「中学生ならではのERO文献」というのが記憶にあるかと思います。
聞いた話では、某ええとこの女子校では、菊池秀行せんせいの「魔王伝」がソレにあたり、クラスの学級文庫として、ヤンキー女子もオタ女子もみんな仲良く回し読みしていたそうです。
ひとはEROによってわかりあえるのかもしれない。

イノウエ大先生は学生時代、村上春樹の「ノルウェイの森」をお読みになったことがるそうです。
いかにも「このサブカルめ!」と罵倒しそうな感じなのに。その件について問いつめると
「いや、だって流行ってたし…EROかったし」
という答え。

「あいつらフェラチオが好きすぎる」という意見で同意を得ました。

拍手

PR

2006.06.29 | Comments(0) | Trackback(0) | tigerbutter

コメント

コメントの投稿


| HOME |

忍者ブログ [PR]